生活の知恵

コロナ除菌にハイターを使った次亜塩素酸水の作り方・注意点を紹介

新型コロナウイルス感染症の予防で石鹸での手洗いが有効ですが、ウイルスが付着した物からの接触感染を防ぐこともとても重要です。

この新型コロナウイルスの影響で、アルコール消毒液が品薄になりましたよね。

ご自宅や職場などで多くの人が触れる場所を除菌したいけど、アルコール消毒液が無い!という方には必見です!!

ハイターを使った次亜塩素酸水の作り方や注意点をご紹介していきます。

次亜塩素酸水は、アルコール消毒液が入手できない「代用」です。

「物の除菌や消毒」として使用しましょう!

手指などの除菌使用には使用しないでください。

次亜塩素酸水の作り方

早速、次亜塩素酸水の作り方をご紹介していきます。

作る時に注意しなければいけない点もあるので、忘れずチェックしてください。

ハイターだけでなく、他のメーカーの漂白剤を使用した場合の作り方(分量)も合わせてご紹介いたします。

用意する物

まずは、次亜塩素酸水を作るために必要な物を用意しましょう。

  • 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする製品
    (市販されている塩素系漂白剤)
  • 空のペットボトル(500ml)

塩素系漂白剤の代表的な商品と言えばハイターですが、他の製品でも使用できます。

容器は500mlのペットボトルをよく水洗いした物を使いましょう。

作り方

塩素系漂白剤(ハイター)をペットボトルキャップに1杯弱(約5ml)を入れ、水500ml入ったペットボトルに入れて完成です。

これで、0.05%の次亜塩素酸水が出来ます。

次亜塩素酸水を作る時に、何に使用するかによって希釈方法が違います。

除菌のために使う場合と、嘔吐物が付着した時に使う濃度は違う方が良いです。
0.1%の次亜塩素酸水を作る場合は、500mlの水に対し10ml(ペットボトルキャップ2杯分)の塩素系漂白剤(ハイター)を混ぜると出来ます。

では、次は市販されている塩素系漂白剤別の希釈方法もご紹介します。

ドアノブ・手すり・床などの除菌に必要な濃度である0.05%の次亜塩素酸水を作る方法です。

使用するの注意点

次亜塩素酸水が出来たら、使用する際の注意点を確認してから使用しましょう。

使い方によっては逆効果になったり、身体に異常が出てしまう場合があります。

それぞれの注意点をしっかりと読んでから使い始めましょう!

冒頭の「注意点」でもご説明したとおり、次亜塩素酸水は手指消毒には使用してはいけません。

基本的に「物」の除菌に使用しましょう。

それ以外にも注意する事がありますので、ぜひ確認してくださいね。

次亜塩素酸水を使用する際の注意点
  1. 水で薄めて作っていますが、皮膚を傷める可能性があるため手指などの消毒には使用しない。
    万が一、皮膚についた時は水で洗い流す。
  2. 次亜塩素酸水をスプレーボトルなどに入れて噴霧しないこと。
    スプレーした時に霧状になった次亜塩素酸水を吸い込んでしまうと、呼吸器に異常をきたす恐れがある。
    また、スプレーの勢いでウイルスが飛散してしまう可能性がある。
  3. 次亜塩素酸水を他の容器などに入れて保管せず、使用する分だけ作ること。
    次亜塩素酸ナトリウムは分解されやすく効果が持続しません。
    また保存容器が破損し、液が漏れだす恐れがあります。
  4. 換気の良い状態で使用し、次亜塩素酸水を吹きかけた所は水拭き・乾拭きなどして次亜塩素酸水の成分を残さないこと。
  5. 金属製品・繊維製品・木工製品などに使用すると、腐食・変色・破損などの恐れがありますので、使用しないこと。

次亜塩素酸水で除菌する場所と使用方法

注意事項を確認したら、早速室内の除菌作業をしていきましょう!

新型コロナウイルス対策として、どこを除菌すれば良いか?

また、次亜塩素酸水の使い方もご紹介します。

どこを除菌すれば良いか?

<除菌する場所>

  • ドアノブ・取っ手
  • 手すり
  • 照明などのスイッチやボタン
  • リモコン
  • テーブルや椅子の背もたれ
  • 蛇口
  • トイレ
  • 車のハンドル

主に、複数の人が触れる場所や触れる頻度が多い場所ですね。

特に手洗いをする前に触れる場所は気を付けて除菌しましょう。

例えば、玄関のドアノブや照明スイッチボタン、手洗い洗面台の蛇口などは外から帰ってきたらすぐに触れる場所です。

玄関のドアノブは室内側だけでなく、外側も忘れず除菌しましょうね。

次亜塩素酸水の使い方とポイント

先ほど作った次亜塩素酸水と以下の物を用意しましょう。

<用意するもの>

  • 次亜塩素酸水(使用する分だけ)
  • バケツ
  • 雑巾2・3枚
  • ゴム手袋
  1. バケツに次亜塩素酸水入れて雑巾にしっかりとふくませたら絞る。
  2. 次亜塩素酸水をふくませた雑巾で、除菌したい場所を拭く。
  3. 水を含ませた雑巾でしっかりと水拭きをします。
    特に変色しやすい金属製品は念入りに!
  4. 最後に乾いた布で乾拭きをします。
  • 拭く時のコツとして、清潔な場所から拭き始め、雑巾の面を変えながら拭きましょう。
  • 使い捨て出来る「古い布・ペーパータオル・使い捨て手袋」などがあると、そのまま捨てられるので衛生的です。

以上のことを気を付けると、ウイルスの移動が避けられると思います。

また、拭き取り除菌に使用した雑巾やゴム手袋などを捨てない場合は、雑巾やゴム手袋を洗剤を使ってしっかりと洗いましょう。

さいごに

今回は、コロナ除菌にハイターなどの漂白剤を使って次亜塩素酸水を作る方法や注意点、使用方法などご紹介しました。

マスクや手指除菌などが品薄な中、物を除菌する物も見かけなくなってしまいました。

そんな時は、今回ご紹介した次亜塩素酸水を作って室内除菌に使用してみてください。

作る時、使う時に注意は必要ですが決して難しいことはありません。

くれぐれも手指除菌には使用しないよう気を付けてください。

また、必要な分だけ作って使い切りましょう。

間違って飲んでしまったり(ペットボトルに入れて誤飲の恐れ有)、使わず置いておくと除菌効果が得られなくなってしまいます。

必要な物が手に入らず不便な生活が続いていますが、こうした知恵や工夫で頑張って乗り切りましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED POST