レシピ

そら豆の茹で時間は?さやごと茹でる方法や人気のそら豆レシピを紹介

そら豆はサラダやスープ、そら豆ご飯など調理のバリエーションが豊富で、そのまま食べても美味しいですよね。

そら豆が店頭に並ぶと初夏の訪れを感じます。

そら豆は1年の中でも4月~6月と旬の時期が短い野菜なので、見つけたらぜひとも味わっておきたい食材でもあります。

バリエーションが豊富なそら豆ですが、風味をしっかりと味わえるのは「塩ゆで」ですよね。

お湯に塩を入れて茹でるだけのシンプルな調理方法ですが、柔らかくなり過ぎたり水っぽくなってしまったりしたことはありませんか?

そら豆はさや付きのまま茹でるとより美味しく食べることができます。

今回はそら豆を美味しく食べるための茹で時間やさやごと茹でる方法をご紹介します。

塩ゆでだけでなく他にも美味しい食べ方があるので人気レシピもご紹介していきますよ。

そら豆について

そら豆は店頭で1年中見かける、私たちにとっては身近な豆ですが、そら豆は歴史の古い食材であることは意外と知られていません。

また、茹でて食べることが多いそら豆ですがレシピの幅が広く優秀な食材なのです。

ここでは「そら豆について」少し豆知識をご紹介します。

そら豆の特徴

そら豆は健康的で美味しい食材として、多くの人々に愛されています。

まずは基本的なそら豆の特徴をご紹介します。

  • 外観
    そら豆は一般的に、青い豆の皮に包まれた中に白い豆が含まれています。
    しかし、中に白い豆がなく、黒い豆(おはぐろ)が入っているものもあります。
    この黒い豆をおはぐろと呼び、稀少な品種として珍重されています。
    外見は独特で、鮮やかな緑色や黒色をしています。
  • 風味
    そら豆は独特の甘みと豊かな風味を持っています。
    茹でたり蒸したりすることで、豆の甘みが引き立ちます。
    また、焼いたり炒めたりすることで香ばしさが加わります。
  • 食感
    そら豆の食感は柔らかく、程よい歯ごたえがあります。
    茹でたり蒸したりすることでやわらかくなりますが、焼いたり炒めたりすることで少し歯ごたえが残ります。
  • 栄養価
    そら豆は栄養価が高く、タンパク質、食物繊維、ビタミンC、カリウム、葉酸などが豊富に含まれています。
    特に、食物繊維は消化器系の健康をサポートし、葉酸は細胞の成長と修復に重要な栄養素です。
  • 旬の野菜
    そら豆は春から初夏にかけてが旬の季節野菜とされています。
    この時期に収穫されるそら豆は新鮮で風味豊かな味わいが楽しめます。
  • 多彩な調理法
    そら豆はさまざまな調理法に適しています。
    茹でる、蒸す、炒める、焼く、和えるなど、料理のバリエーションが豊富です。
    そのため、さまざまな料理に活用することができます。
  • 使い道の広さ
    そら豆は単独で食べるだけでなく、サラダやスープ、炒め物、パスタ、リゾットなどさまざまな料理に使うことができます。
    そのため、料理のアクセントや栄養価を高める素材として幅広く活用されています。

そら豆の起源と歴史

そら豆の起源は古代エジプトや古代ローマにまで遡ります。
その後、ヨーロッパやアジアに広まりました。
日本においても、江戸時代から栽培が行われ、現在でも春から初夏にかけて収穫されています。

古代エジプトでは、そら豆は穀物と共に主食の一つとして重要視されていました。
古代ローマでもそら豆は食用にされ、さまざまな料理に使われていました。
ヨーロッパでは中世に入ると、そら豆は貴族や富裕層の食卓にも登場し、高級食材として扱われるようになりました。

日本では、江戸時代に輸入されたそら豆が広まり、その後栽培が行われるようになりました。
昔から「空豆(そらまめ)」とも呼ばれており、その名の由来は、そら豆の豆を割ると中に白い豆が入っており、空のように見えることからきています。

現在では、そら豆は日本の春から初夏にかけての旬の野菜として親しまれており、さまざまな料理に利用されています。
その独特の風味や栄養価の高さから、多くの人々に愛されています。

そら豆の産地と収穫時期

そら豆は、北アフリカや中東を原産地とする豆類の一種で、日本では春から初夏にかけて旬を迎えます。

日本でのそら豆の主要産地は北海道~東北で、産地によって収穫時期が異なります。

そら豆を購入する際に産地と収穫時期が分かると旬のそら豆を手に入れることが出来るので、ぜひ参考にしてください。

  • 北海道
    北海道はそら豆の主要な産地の一つであり、旭川市や富良野市、美瑛町などがそら豆の主要な産地として知られています。
    北海道では、そら豆の収穫時期は6月下旬から7月上旬にかけてです。
    気候が寒冷なため、他の地域よりもやや遅い収穫時期となります。
  • 青森県
    青森県は東北地方の北部に位置し、そら豆の生産地としても知られています。
    八戸市や黒石市、弘前市などがその代表的な産地です。
    収穫時期は5月下旬から6月上旬にかけてが一般的で、地域によって収穫時期は異なる場合があります。
  • 岩手県
    岩手県も青森県と同じく東北地方の一部ですが、そら豆の生産も行われています。
    主な生産地として盛岡市や奥州市、滝沢市などがあります。
    収穫時期は青森県と同様に5月下旬から6月上旬にかけてが一般的です。
  • 秋田県
    秋田県でもそら豆の生産が行われています。大館市や能代市などがその主要な産地です。
    収穫時期は5月下旬から6月上旬にかけてが多いです。

これらの地域では、春先から初夏にかけて、適切な気候条件の下でそら豆が栽培され、収穫されます。
それぞれの地域の気候や土地の特性によって収穫時期は異なるため、地域ごとに異なる特徴があります。

また、春から初夏にかけて収穫されるそら豆は、新鮮で美味しく、日本各地の食卓で楽しまれています。

そら豆料理の食べ方

そら豆は様々な調理方法があり幅広く活用できる食材です。
そら豆はどんな食べ方が出来るのかご説明します。

オススメのレシピは、この記事の後半でご紹介します。

  • 茹でる
    そら豆を塩を加えたお湯で茹でる方法が一般的です。
    茹でることで豆の甘みが引き立ちます。
    茹でたそら豆は、そのまま召し上がるほか、冷水でしめることで食感を保ちつつ冷製のサラダなどにも使えます。
  • 蒸す
    蒸し器でそら豆を蒸す方法もあります。
    蒸すことで豆がやわらかくなり、甘みが引き立ちます。
    蒸したそら豆は、少量の塩やバターを加えて食べるほか、和え物や副菜にも利用できます。
  • 焼く
    フライパンを中火にかけて予熱し、オリーブオイルやバターを加えます。そら豆を準備し、必要に応じて塩やこしょうで味付けします。
    予熱したフライパンにそら豆を加え、中火で焼き色がつくまで約5〜10分程度焼きます。
    途中でそら豆をかき混ぜ、均一に焼き色がつくようにします。焼きあがったら火からおろします。
  • バターソテー
    バターを熱したフライパンでそら豆を炒めると、バターの風味と豆の甘みが絶妙に絡み合います。
    バターソテーしたそら豆は、塩やこしょうで味付けして、ほかの料理と一緒に食べることができます。
  • 炒め物
    そら豆を炒めることで香ばしさが増し、食べ応えのある一品になります。
    野菜や肉と一緒に炒めて、炒め物や炒飯の具材として使うことができます。
  • 和え物
    茹でたそら豆にポン酢やごま油、醤油などの調味料を加えて和え物にする方法もあります。
    和え物にすると、さっぱりとした味わいが楽しめます。
  • スープやピューレ
    蒸したり茹でたりしたそら豆をミキサーやフードプロセッサーでピューレ状にしたり、スープに加えることもできます。
    スープやピューレにすることで、そら豆の風味や栄養を存分に楽しむことができます。

以上のように、そら豆の食べ方は多くあり、これらの料理や食べ方を試してみると、そら豆の豊かな風味や食感を存分に楽しむことができます。

そら豆をさやごと茹でる方法と時間は?

そら豆をさやごと茹でる場合、豆を取り出して茹でるよりもお湯の量が増えたり時間もかかります。

しかし、さやごと茹でたそら豆は風味やうま味が閉じ込められた状態で茹でられるので味わいがとても良くなります。

また豆の薄皮にシワが付きにくく、ふっくら仕上がるので見た目も良くなるというメリットがあります。

そら豆を茹でる時はさやごと茹でるのがオススメです!

それではそら豆をさやごと茹でる方法と時間をご紹介します。

まずは下準備からです。

<下準備>

  • 包丁やキッチンばさみでさやの両端を少し切り落とします。
  • そら豆がさやごと入る大きめの鍋に水を注ぎ、塩を加えて火にかけます。

鍋に入れる水の量に対し、2~3%の塩を入れます。
水1.5Lなら塩は30~45g(大さじ2~3杯くらい)、2Lなら塩は40~60g(大さじ2.5~4杯くらい)です。

<茹で方>

  • お湯が沸騰したら下準備したそら豆を入れ2分茹でます。
    フタをせずお湯が沸騰しないように火加減を調整する。
  • 2分経ったら火を止め、5分ほど鍋の中に放置します。
    余熱で火を通し、冷ましながら塩味を染み込ませます。
  • そら豆をザルに上げ、さや付きのまま風を当てて冷ます。

そら豆を冷ます時に水にさらすと水っぽくなり風味が落ちてしまいますので、風を当てて冷ましましょう。

また、さやから豆を出すと色が落ちてしまうので、食べる直前にさやから取り出しましょう。

そら豆はフライパンや電子レンジでもさやごと茹でることができます。

フライパンで茹でる方法

  1. フライパンに50mlの水を入れて沸騰させます。
  2. 小さじ1/2の塩と下準備したそら豆を入れ、蓋をした中火で2~3分加熱する。
  3. ザルに上げ広げて冷ましましょう。

電子レンジで茹でる方法

  1. 耐熱皿に下準備したそら豆を並べます。
  2. ラップをふんわりとかけ、500~600Wで1分30秒~3分加熱する。
  3. そら豆をザルか別の器に移して冷まします。

茹でたそら豆の保存方法

そら豆は茹でた日に食べるのが一番美味しいのですが、余ってしまった分を保存したいこともあるでしょう。

冷蔵保存と冷凍保存の方法と目安の保存期間をご紹介します。

冷蔵保存

茹でたそら豆を密閉できる保存容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

保存期間は2~3日ですが、傷みやすい食材のため出来るだけ早めに食べましょう。

冷凍保存

そら豆をさやから取り出し、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

保存期間は1ヶ月くらいです。

食べる時は自然解凍か、電子レンジ500~60wで20~40秒くらい加熱しましょう。

そら豆を使った人気レシピ

塩ゆででも美味しいそら豆ですが、アレンジして食べたいという方にオススメしたいレシピをご紹介します。

クックパッドで人気上位のレシピです。

ホクホクそら豆と新玉ねぎのチーズ焼き♪

材料(2人分)

  • そら豆・・・適量
  • 新玉ねぎ・・・小1個
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • コショウ・・・少々
  • とろけるチーズ・・・適量
  • パプリカ粉末・・・あれば彩りに少々
  • パセリ・・・少々

「ホクホクそら豆と新玉ねぎのチーズ焼き♪」のレシピはこちら!

そら豆と玉子のクリーミーサラダ

材料(1~2人分)

  • そら豆(さやから出した状態で・・・100~150g
  • 卵・・・2個
  • マヨネーズ・・・大さじ2
  • 粉チーズ・・・小さじ1
  • 塩胡椒・・・少々

「そら豆と玉子のクリーミーサラダ」のレシピはこちら!

簡単!おつまみ❤そらまめにんにく炒め❤

材料(2人分)

  • そら豆・・・正味240g
  • にんにく・・・2かけ
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/4~適量
  • 粗びき胡椒・・・適量

「簡単!おつまみ❤そらまめにんにく炒め❤」のレシピはこちら!

和味☆ソラマメの香りたっぷり旬ごはん

材料(米2合分)

  • そら豆・・・(6~7さや)20粒

■茹で汁

  • 水・・・500lm
  • 酒・・・50ml
  • 塩・・・10g

■炊飯用

  • だし汁・・・200ml
  • ゆで汁・・・適量
  • 米・・・2合

「和味☆ソラマメの香りたっぷり旬ごはん」のレシピはこちら!

田舎のおばあちゃんのそら豆煮

材料(2人分)

  • そら豆・・・10さや(25粒くらい)
  • 水・・・適量
  • だしの素・・・少々
  • 砂糖・・・小さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1/2
  • しょうゆ・・・大さじ1

「田舎のおばあちゃんのそら豆煮」のレシピはこちら!

さいごに

そら豆にはタンパク質・糖質・ビタミン・ミネラル・食物繊維などが含まれているので、単品で栄養バランスがとりやすい食材です。

胃腸の機能を高めてくれるので、食欲不振や胃もたれを改善したり便秘にも効果的です。

むくみ解消にもなるので、女性には特にオススメの食材です。

そら豆は美味しく食べられるのは収穫から3日間と言われるくらい鮮度が落ちやすい野菜です。

時間が経つにつれて豆やさやが黒ずみ、そら豆特有の風味が落ちてしまいます。

そら豆を買ったら出来るだけ早く食べるか、今回ご紹介した茹で方を参考に冷凍保存するようにしましょう。